他サイト様の更新情報
Powered By 画RSS

男の娘がナースにクンニ! クリトリス責めして愛液をごっくん【おねショタ中編/Scene.4-D】

雅加「プロローグはここ。あと、グローバルメニュー(スマホの場合は記事下)の『目録』も使ってほしいな」
瑞乃「今回はマンPの後半プラスαって感じかな? 腐腐腐フフフ(ジロっ)」
雅加「な、なんだよっ//」


trollface

 女性にはそう、クリトリスという、もう一つの〔感じる場所〕が……
 小さな突起の上で、舌をせわしく左右させると、

「きゃっはぁぁーっ」

 瑞乃さんはひときわ大きく震えあがった。

 剥いて、しまった。

 瑞乃さんがボクにそうしたように、今度はボクが、彼女のそれを舐めまわし、吸いつき、唾を垂らしながら刺激していく。

「やっ、やだ私、感じすぎちゃっ」

 ときに膣壁を、ときに陰核を、舌が痛くなるほど愛していると──

「はクっ! 私、イっ、イく! はぁぁっっ」

 瑞乃さんの震えはより余裕のないものになって、匂いや湿り気も凄まじくなっていく。
 ボクはもう無我夢中で舌を動かし、大好きな人をイかせられる喜びを味わっていた。

 そして愛しさのあまり、ボクが女性器全体に口を吸いつかせた瞬間──

「ぁはーぁっ! 雅加ぁっ! イッちゃうぅっ──あぁぁあーっ」

 ボクを振り払うほどに、激しく揺らぐ彼女の下半身。
 そしてすぐにボクの口へ、感謝のような熱い愛液が流れ込んできた。

 ボクは下品な音を立てながら、そのすべてを飲み込んでいく。
 神聖な瑞乃さんの果汁を一滴もこぼすまいと、もう必死に。

 すべてを飲み込むと、ボクはそっと、スカートのなかから顔を出した。

 さっきまではかなり暗く思えていたこの場所だけれど、スカートから出ると白夜のように明るく思える。

「はぁ、はぁぁー」

 瑞乃さんは幹を後ろ手で抱きしめ、よだれを垂らしながら悶絶していた。
 ボクのクンニのせいで彼女がこうなってるんだと思ったら、もうイケナイ嬉しさで胸がいっぱいになる。

「瑞乃さん、お返し、できたかな」

「はぁぁ、まあ、及第点よ」

 瑞乃さんは疲れ果てた体を幹に預けたまま、瞳だけをこちらへ向けて微笑みかけてくる。

「良かった……」

腐腐腐フフフ。じゃ、帰ろうか」

 瑞乃さんはゆっくり体を起こすけど、ナースキャップが枝に引っかかり、彼女の頭から外れてしまった。
 けれど、ぐったりした瑞乃さんはそれに気づかない。……というより、元々それに気づけるような人ではないけれど。

「瑞乃さん、ボクも……」

 自分の下半身を見下ろして訴えるけれど、瑞乃さんは不敵に人差し指を振ってきた。

「もう時間が時間よ、引きこもり少年。今のうちに帰らないと、今度は夜遊びしてるんじゃないかって疑われるぞ」

「うん……じゃあ先帰って」

「一人で大丈……あ、フフ、そういうことか」

 ボクにはここで〔したいこと〕があって、それをするためには瑞乃さんが邪魔。
 ボクの意志に気づいたのか、彼女は気さくに手を振って、この小さな森を出て行った。

「ありがとう」

 と、平明な優しさの言葉を残して。

 一人になったボクは、彼女が枝に残していったナースキャップを手に取ると、それをおもむろにズボンのなかへ入れる。
 そしてもう、なんのためらいもなく、破裂しそうな〔アレ〕をナースキャップで包み込んだ。

「ううっ」

 瑞乃さんのナースとしての日々が刻み込まれた帽子は、とても清廉で甘美な感触。
 それに包まれたボクの根っこは、まるで故郷を見つけたような歓喜をあげていた。

「ああっ、はぁ、はぁ、瑞乃っ」

 ほんの十数回、上下にしごいただけで、もう絶頂への波が訪れる。
 ボクは瑞乃さんの秘部の温かさを、湿り気を、思いっきり胸にリフレインさせながら、オナニーとは思えない幸せな絶頂へと達していった。

「ぁクっ、……うぅっ」

 ナースキャップからあふれ出るんじゃないかというほどの、たたみかけるような射精。
 自分の精が帽子を何度も打つのを、ボクは恍惚とする頭で感じていた。

 後に残ったのは、自慰とは思えないような、安らかな満足感。
 ボクは自分の種でいっぱいになったナースキャップを上着のフードに隠し、神妙な歩調で家へ帰る。

 空の高さも、恐ろしさも、ほとんどもう、ボクの心は感じなくなっていた。

Go to Scene.5

stars

瑞乃「腐腐腐腐フフフフtrollface雅加が〔プラスα〕をやらかしてるの、私、物陰からこっそり見ちゃってたもんね~!」
雅加「(; ・`д・´)ナ、ナンダッテー!?」
瑞乃「さすがスーパーナース! って思ってくれた人は、ランキングバナーをクリックしてね~っ」




カテゴリー: Scene.4【夜霧に包まれたクンニ】, ドジっ娘ナースが引きこもりのボクに行なったHなショック療法のこと タグ: , , , , , , , , パーマリンク