他サイト様の更新情報
Powered By 画RSS

ラストシーン!【おねショタ中編/Last Scene-後】

瑞乃「プロローグはここですっ! あと、グローバルメニュー(スマホの場合は記事下)の『目録』も使って下さい!」
雅加「あと、『ご案内』も活用してほしいな」
瑞乃「さあ! ラストシーンよ!」
雅加「最後の最後まで応援して下さいね~。ウルウル」


joy

 店の外へ出ると、秋の花粉が瞳や鼻を切なくしてきた。

「実の息子に対して、〔いえ、こちらこそ〕だって」

「病院にもたまに来るよ。ああいう、動物としての本能以外のものを持ってない人」

「ボクは人間的でありたいな。せっかく、人間っていう、理性や哲学を持った生き物に生まれたんだから」

 手と手をしっかり握って、休日の街をてくてくとゆく。
 そんな時間が、切ないくらいに愛おしい。

「わかってるよ、そんなの。家にも学校にも、雅加が人間らしくいられる場所がなかったんでしょ? だから部屋のドアを閉めきるしかなかった……でしょ?」

「ありがとう。わかってくれて。なんか、瑞乃に色々理解してもらえて、気が抜けちゃったよ。これまでは〔ボクの心を理解できる者は誰もいないのだ〕──って、〔中二病を頑張っていた〕から」

腐腐腐腐腐フフフフフ

 瑞乃の笑い声をBGMに見上げる午後の太陽が、なぜか悔しいほどに心地いい。
 ボクの人生において、陽の光というのはおぞましい存在でしかなかったはず。
 それが瑞乃と一緒だと、天上の光のように好ましく輝いて見えるから不思議なものだ。

 こんな、大きな店やビルが無限のように並んだ、人通りの多い街を歩くのは久しぶり。

「ボクたちって、どう見えてるんだろう?」

「せいぜい姉と弟かね?」

「姉と弟で手をつなぐって、どうなんだろう?」

 他愛ない話をしていると、横のほうから声をかけられた。

「あのー、すまみせん、美しいご姉妹でいらっしゃいますねぇ! よろしければ取材に応じて下さいませんかぁあ?」

 それは、時代錯誤もいいところな、〔モボ〕っぽい格好をした伊達男。

「「結構です」」

 二人の声が完全にユニゾンした。

 銀色のビルが立ち並ぶ場所に差しかかると、ふと陽射しが翳る。

「ああー、姉妹かぁ。雅加が女の子っぽいってこと、忘れてたわ」

「そのせいでヒドい目に遭ったしね」

「ああ、あの海堂とかいう……」

 心配そうに目を細める瑞乃に、ボクは横から注ぎ込むような笑顔を向けた。

「大丈夫。もうはついたから。向こうが〔お前の自慰動画流すぞ〕って脅してくるなら、もしや、と思って試してみたんだ」

「試したって?」

「ボクが〔その動画を流した時点で海堂が盗撮犯であることが公になる〕って脅したら、〔動画消すから堪忍して下さい〕だって」

 まあ、瑞乃がボクの心を強くしてくれたから、できたことではある。

「やるな兄弟」

 肘でつついてくる瑞乃。
 相棒の次は兄弟……。

 それはそうと、海堂はそのあと、さやかという生徒に告白されたという。
 正直ボクは、さやかさんのことを心配していた。──海堂にストーカー行為でもされたら可哀想だな、と。
 けれどもその顛末を聞いて、心配していたのがバカらしくなった。

 役所は休業日。
 婚姻届けは投函という形になった。
 二人してポストの前にたたずむと、言いようのない緊張が襲ってくる。

「雅加が入れて。なんかアガる。テンパる。イーシャンテる」

 瑞乃はガタガタ震えて汗ばんでいた。

「あ、いゃ、ボクには重たすぎるよ」

 ボクの声も震えている。

「ぐーぬ……」

 婚姻届をにらみつける瑞乃を見ていると、ふと不安になった。

「瑞乃、夫婦になるの嫌なんじゃないの? さっきから相棒とか兄弟とか、ボクのこと呼んでるし」

 瑞乃は実に涼しい顔をボクに向けてくる。

「あ、あくまでも書面上の入籍だから。君の両親のせいよ……」

 ちょっとガックリきたけれど、まあそれはボクも同じ気持ちだった。

「確かに突然すぎるよね。ボクも瑞乃に助けてもらったとき、結婚とかそういうことは考えてなかったし。ただ救ってくれてありがとうって、その気持ちだけで……」

 ボクの消極的な態度に、瑞乃は慌てたような笑みを作って、ポストの入り口に婚姻届の先を挿入する。

「しおらしくなんないでよ引きこもり少年。まあさ、これから一緒に暮らして、二人の間で愛が大きく育っていったらさ、ことも……」

「なることも……?」

 瑞乃が歪んだ笑顔で、
7499.png
「まぁ、考えてやらんでもないよ?」

 そう告げながら婚姻届を落としたとき、雲間から顔を出した秋の陽が、ボクたちの強張った体を優しく温めてきた。

yellow_heart FIN purple_heart

雅加「ここまで読んでくれてありがとうございます!」
瑞乃「餞別代わりにランキングバナーをクリックしてくれると嬉しいでーす」




カテゴリー: Last Scene【これからのふたり】, ドジっ娘ナースが引きこもりのボクに行なったHなショック療法のこと タグ: パーマリンク