Scene.7【た・す・け・て】」カテゴリーアーカイブ



S・O・S!【おねショタ中編/Scene.7-B】

瑞乃「プロローグはここですっ。あと、グローバルメニュー(スマホの場合は記事下)の『目録』も使って下さい!」
雅加「あと、『ご案内』も活用してほしいな」
瑞乃「私の出番なし回もこれで最後! 次、かっこよく再登場するから楽しみにしていてね~」


heartbeat

 両親は、まだ起きているだろうか?
 階段を下りて、廊下を歩く──と、リビングから話し声が聞こえた。

 ボクがリビングのドアを開けようと、取っ手に指を触れた瞬間──

「そろそろ考えておいたほうがいいだろう、後始末の方法を。俺たちの失敗だ。世間に対して、恥ずかしくない方法を考えなければ」

 信じられないような、父の声が聞こえてきた。
 きっと、ボクのことじゃない!
 仕事かなにかの話だろう。そうに違いない。
 ──そう信じていたボクの希望は、次の母の言葉によってたやすく打ち砕かれた。

「あと二年の辛抱ね。雅加が二十歳になれば、私たちに責任はなくなる。二十歳になってもあの子が自立しないようだったら……」

「そうだなぁ、問題のある若者を住み込みで矯正してもらえる場所を探すか。今は、シェアハウスが流行っているだろう? 俺の同僚にも、問題を抱えた子供を持った奴がいるから、子供同士で共同生活させるか……」

「私も、近所の皆さんに色々訊いてみるわ。こういうことになった子供って、どう処理したらいいのか」

 処理。
 ボクは廃品だったのか?
 これが、親の吐く言葉……?

 ボクは精神がバラバラになる想いだった。
 さらに、父の笑いを含んだ言葉が、ボクをよりむごたらしく叩きのめす。

「雅加のことが一段落したら、新しい子供でも作るか。ははは」

「まあ、あなたったら!」

 母の恥じらい笑いが、──ボクの心を真っ二つに引き裂いた。
 ボクは、この人たちの子供だったのではないのか?

 二十歳までに自立、というノルマを達成できなければ、その時点で単なる、価値のない肉の塊になってしまうのだろうか?
足元の地面が崩れていく気分。

 けれど、最後に残った板が、ボクの体が深淵へ落ちないよう、支えてくれているような感覚もあった。
 ──それは、彼女の存在だ。

 ボクは足がちぎれるような勢いで自室へ駆け戻ると、机に仕舞っておいた瑞乃さんの名刺を出す。

 そして携帯を手に取ると、名詞に書かれた勤務先の電話番号を、震える手で打っていく。
 動揺と興奮から、押し間違えては打ち直し、押し間違えては打ち直し……それを何度も繰り返してしまった。

 やっとつなぐことができた通話。
 運良く、「もしもし」とつぶやくその声は、瑞乃さん自身のものだった。

「み、ず、の……さんっ」

「あー、雅加君? どうしたのこんな夜に? でもまあ、夜勤でしんどいなか、君の声が聞けてハッピーな感じっ!」

 なにも変わらない、明るく柔らかな彼女の声に、ボクは思わず嗚咽しだしてしまった。

「瑞乃さんっ、うぅぁぁぁぁっ、瑞乃さん」

「雅加君!? どうしたの、なにかあったの!?」

 声を荒げる瑞乃さん。

 ボクのために心を揺るがしてくれる存在があることに、いくらかの落ち着きを取り戻すと……
 ボクはたった一つ、彼女に伝えるべき言葉をはっきりと告げた。

「瑞乃さん、た・す・け・て」

Go to Scene.8

sob

瑞乃「いよいよクライマックス! 続きが気になる! って思ってくれた人は、ぜひランキングバナーをクリックして下さいね☆」


カテゴリー: Scene.7【た・す・け・て】, ドジっ娘ナースが引きこもりのボクに行なったHなショック療法のこと | タグ: | S・O・S!【おねショタ中編/Scene.7-B】 はコメントを受け付けていません。

事後~精液にまみれた絶望【おねショタ中編/Scene.7-A】

瑞乃「プロローグはここですっ。あと、グローバルメニュー(スマホの場合は記事下)の『目録』も使って下さい!」
雅加「あと、『ご案内』も活用してほしいな」
瑞乃「またまたまた私の出番なしどうなってるのよ!?」
雅加「ま、まあ、クライマックスに向けて助走をつける部分ってことで……」


[emoji:v-8]

「や、やべぇ。なにやってんだ俺」

 海堂がテーブルから立ち上がってそう言った瞬間、ボクの心にも無気味な悪寒が押し寄せてきた。
 海堂はとっさに自分の性器を拭き、ズボンの前を閉めると、

「おい、わかってるだろうが、今のことバラしたらさっきの動画ネットに流すからな! それからその制服は慰謝料代わりにお前にやるよ! じゃあな!」

 それだけ吐き捨てて窓から出て行ってしまう。
 ボクは、靴跡と精液だらけになった床に崩れ果てた。
 浴びせられた精子の群れが、──とにかく臭くて仕方ない。

 と、突然!

「うううっ!」

 まるで喉奥に棒を突っ込まれたような、熾烈な気持ち悪さが押し寄せる!
 なにをやってるんだ、ボクは、こんな格好で! あんな下らない男相手に!

 ボクはゴミ箱を手に取ると、そこめがけて思い切り嘔吐した。
 もう、胃の中の物だけじゃなく、海堂に押しつけられた忌まわしい体験の記憶さえ、全部吐き出せたらいいのにと思った。

 吐いて吐いて、胃も心も空っぽになると、力なく、べとべとになった制服を脱いでいく。
 この期に及んでも、精にまみれたブレザーを魅力的に感じてしまう自分が、とても怖かった。

 なぜボクが。

 なぜこんな目に。

 外へ出たせいだ。そうだ。海堂にオナニーを見られさえしなければ、こんなことには……。

 そうだ。
 二度と外に出なければいいんだ。
 もう、窓も閉め切ろう。接着剤で、はめ殺しにでもしてしまえばいい。

 ボクは着慣れたパジャマを身に着けると、まるで籠城するようにベッドへもぐり込む。
 そしてそのまま、暗くて重い眠りへと落ちていった。

 疲れ果てたボクは眠りに眠り続けて、途中、トイレへ行くことはあっても、再び寝てしまう。それの繰り返しだった。
 母が何度か、ドアの外から食事を摂るようにうながしてきたけれど、それも、

「体調が悪い」

 の一言で跳ね返した。

 しぶとい眠気の根がやっと断たれたのは、夜の九時。
 これは、海堂が部屋に押し入ってきてから、地球がほぼ一周したということだ。

 眠りは不安や苦しみを忘れさせてくれる。ただし、それは眠っている間だけ。
 目が覚めれば、心は眠る前よりもずっと、深い絶望に漬かっている。

 ああ、海堂のこと、どうすればいいんだろうか?

〔お前は今日から俺の性奴隷になるんだ〕

 今日から……ということは、またこれからもボクを脅して性行為を強要してくるに違いない。
 海堂の言いなりになってしまえば、ボクは下劣な快楽の連鎖から抜け出せなくなるだろう。

 麻薬と同じだ。シビレるような気持ちよさはほんの一時いっときだけ。
 あとには後悔と吐き気だけが残って、やがて人生が崩れ去っていく。

 かといって、海堂の行ないをバラせば、あのオナニー動画をネットに流される。
 そんな重荷を一生抱えて生きていくなんて、ボクにはたぶん耐えられない。

 ──両親に、相談しよう。
 あんな二人だけれど、親は親。
 息子の窮地を知ったら、きっと助けてくれるに違いない。

 ボクは力なく、けれども確かな希望でもって、重い体を起こしていた。


瑞乃「なんか嵐の前の静けさってカンジ。続きを気にしてくれる人は、ぜひランキングバナーをクリックして下さいね☆」


カテゴリー: Scene.7【た・す・け・て】, ドジっ娘ナースが引きこもりのボクに行なったHなショック療法のこと | タグ: | 事後~精液にまみれた絶望【おねショタ中編/Scene.7-A】 はコメントを受け付けていません。