Scene.6【女装イラマチオ】」カテゴリーアーカイブ



制服姿でイラマチオさせられちゃう男の娘! 二人で射精してブレザーにぶっかけ!【おねショタ中編/Scene.6-B】

瑞乃「プロローグはここですっ! あと、グローバルメニュー(スマホの場合は記事下)の『目録』『目次』も使って下さい!」
雅加「瑞乃さん? なんか今日、力強いよ?」
瑞乃「いいからいつも通りにやりなさいヒキ少年!」
雅加「わ、わかりました……。あと、『ご案内』も活用してほしいな」
瑞乃「またまた私の出番なしいいかげんにしろ。今回は女装して男相手にご奉仕編の後半? なーにやってんだか



 口のなかでグロテスクに膨張する、海堂の熱くて生々しい物体が、嘔吐感をもよおすほど気持ち悪い。
 ああ、したくなんかないのに、

「……んっくっちゅっ」

 生き物の本能なのか、くわえたものを舌で舐めまわしてしまう。

「うはぁぁっ、スっゲェ! もっと、もっと早く動けよおら! 満足させてくれなきゃさっきの動画流すぞ」

「っ! ひどっ、うむっちぅっ、ちゅくっ、ぶちゅっ」

 ボクが顔ごと動くと、口の中の〔それ〕はより熱くテカテカと膨張していく。
 同時に海堂の悦びのあえぎも、より下品で大げさなものになっていった。

「うぉァあーっ! ぉほォおーっ! き、キモチィ……!」

 ああ、こんなの嫌すぎるのに!
 なのに、ビショビショになった顎のすぐ下で揺れるリボンが、女の子の愛くるしさで淫らに悦んでいる。
 だからボクも、制服を揺らしながら卑猥な性行為に溺れていくしかなかった。

「ぐぶじゅっ! んっ、ぐぢゅっっごぼっっじゅぐるっ!」

 身にまとった女の子の息吹が、ボクをエッチにさせていく。
 実はオナニーのとき、ボクがいちばん多く思い浮かべていたのは、この制服。

 女子から相手にされなかったボクだから、このシックなブレザーと短すぎるスカートに、いつしか病的な憧れを抱くようになったんだろう。
 その制服を今、自分が着て、しかも男子相手にエッチなことをしている──
 そんな事実が、ボクをどんどん壊していった。

「うくぁーっスゲェ! 嬉しいって言え! 海堂君のおチンポくわえられて、さやか嬉しい~って! ぅホぁっ! おらっ、早っ、早くっ!」

 壊れてゆくボクは、その指示にも素直に従ってしまい、

「んむぅっ、ふぁいほうふんのオヒンホ、ふぁえあれへ、さゃふぁうえひぃーっ! っんちゅ」

 白いものの混じった唾を垂らしながら、言いたくもない言葉を上目づかいで吐いていた。
 それを見た海堂は余計に興奮。
 ボクの頭を両手でつかんで、この顔を前後に動かしてきた。

「ああ愛してる! 愛してるよ、さやかぁぁ!」

「ふむっ、むちゅっ、むぱっっぶちゅっっくちゃっっぬぽっっ」

 自分で動かなくていいぶん楽だ、と思えてしまう自分が、哀れというより空恐ろしかった。

「うぁ、なにお前、女装させられてフェラ強要されて勃起してんの? きめぇ」

 そう言われて視線を落とすと、短いスカートの裾をめくる勢いで、ボクのアレが飛び出していた。

「もう立派な男の娘なんだなお前。いいぞ、シコっても。特別に許す」

「ふぁい、んちゅっぷちゃっぐちゅっ」

 ボクはありがたささえ感じて、左手で自分のそれをしごいていった。

 やがて、人の動きとは思えないほど小刻みになっていくイラマチオ。
 ボクも負けじと、自分のアレを烈しく刺激する。

 すぐに、海堂は汚い雄たけびをあげた。

「うおおおーおお! スゲェ! さやかの口スゲェ! くっっはぁぁーっ! イく!」

「んんむっ! くちゅっはぁぁっちゅくっぷびゅっくちょっ──ぶはァアアァーッ」

 透明な糸を何本も引きながら、乱暴に口から引き抜かれる男性器。
 次の瞬間──

「うぅぁっ、さやかっ、ォほっ! さやか! ぐぎゃあっ! さやかあぁ! ぶっかけるぞっ! さやかの綺麗な体に俺のきったねぇのをっ! うぉおーぉっ!」

「はぁぁっ、ああっ、はあぁぁぁっ!」

 海堂の男性器が上から、ボクの同じものが下から、さやかさんのブレザーに白く熱く粘るものを連射していた。
 ボクは女の子の息吹を我が物にし、憧れの制服で二人分の精液を受け止めていく。
blazer_bukkake.png
 それは、愛も優しさもない、空虚な悦びの絶頂だった。

Go to Scene.7


瑞乃「さぁ終わった! 〔海堂なんかどうでもいいから早く瑞乃を出せやぁ〕って思ってくれてる人も、〔むしろ海堂とのエロがイイ〕って思ってる人も、ランキングバナーをクリックしてくれると嬉しいですっ☆」


カテゴリー: Scene.6【女装イラマチオ】, ドジっ娘ナースが引きこもりのボクに行なったHなショック療法のこと | タグ: , , , , , , | 制服姿でイラマチオさせられちゃう男の娘! 二人で射精してブレザーにぶっかけ!【おねショタ中編/Scene.6-B】 はコメントを受け付けていません。

制服姿で強制イラマチオさせられちゃう男の娘!【おねショタ中編/Scene.6-A】

瑞乃「プロローグはここですっ。あと、グローバルメニュー(スマホの場合は記事下)の『目録』も使って下さいね~」
雅加「あと、『ご案内』も活用してほしいな」
瑞乃「引き続き私の出番はナシ 今回は? 女装して男相手にご奉仕? まったくもう、なにやってんだか



「な、なんでっ、君が、ここにっ……」

 ボクは背筋を凍らせながら身震いしつづけていた。

 クラスメイト・海堂(かいどう)は、窓から部屋に入ってくると、ボクの目の前、テーブルの上に腰かけてきた。
 そして、厭らしい笑顔を浮かべたまま語りだす。

「もしかしたら、お前のオナニーを撮影できちゃったりするかなって、チャンスをうかがってたんだよね。オナニーってヒキ少年の日課だしさ、お前、よく窓開けてるじゃん」

 確かに、この部屋は通りに面しているし、庭木が多いから簡単に登れてしまう。さらに窓の下には、足場にもってこいな狭い屋根……。
 おまけに、南風の匂いが好きなボクは、冬以外は窓を開けていることが多かった。

「なんでそうまでして、ボクのオナニーを……」

 海堂はボクの顎をつかんで、顔を持ち上げてくる。

「お前、さやかに似てるじゃん? 前から気になってたんだよね」

 確かにその、さやかという生徒に自分が似ているのは、ボク自身も感じていたことだ。

「だからって、なんで今ごろ!?」

 震える声で訊くと、海堂は開け放たれた窓の外を眺める。

「一週間前、さやかが別の男とイチャついてんのを見ちゃってさぁ、ムラムラしてたんだよ。だったら、いっそお前と……ってさ」

 海堂が、さやかという生徒に気があることは、ボクも気づいていた。

「だからって、ボクとだなんて!」

 ボクはさっきとはまったく違う意味で、全身から大量の汗を噴き出していた。
 そんなボクを見た海堂は、ごくりと意味深に唾を飲み込む。

「いいじゃん。今BLが流行ってるしさ。着ろよこれ」

 海堂が手提げ袋から出したのは、見覚えのありすぎる女子制服……。

「それって……!」

「ああ、さやかの制服、盗んできた。着ろよ」

 制服を押しつけてくる海堂。
 女子高生の甘い体臭と、制服自体の格調高い匂いが合わさった、とても魅惑的な香りが鼻をつついてくる。

 元々、〔完全な女装オナニー〕に憧れていたボク。

「っ……」

 それを着てみたい欲求と、海堂の下劣な欲望に従いたくないという理性が、ボクのなかでせめぎ合う。
 ボクの態度にしびれを切らしたのか、海堂は制服をボクの体にこすりつけてきた。

「女装すんの好きなんだろ? 早くこれ着て俺にご奉仕しろよ! じゃなきゃさっきのオナニー動画、ネットに流す!」

「うっ……」

 ボクは仕方なく、汁まみれになったシャツのボタンに手をかける。
 そして、海堂の厭らしい視線を受けながら、それを脱いでいった。

「うわ、ほっせぇ体! それでも男かよ」

 あざ笑われた裸体を隠すように、慌てて真っ白なブラウスに袖を通すと、やっぱり男物のシャツとは風情が全然違って、下半身がゾクッとした。
 次に、チェックのプリーツスカート、そして黒いブレザーを身に着ける。
 そして仕上げに、襟もとのリボンを結ぶ──
 と、本物の女の子のオーラをまとってしまったエクスタシーが、海堂の言いなりになってしまった背徳感と一緒に押し寄せてきた。
雅加ブレザー着せられ
 ボクは恨めしい瞳で彼を見つめた。

「これで、いいのかよ」

 するとボンっと、ボクのお腹を硬い靴先が直撃した。

「おい! 女の子の制服着てるクセに男みたいな言葉遣うなよ! 糞が!」

「ごほっ……こんっ、げふっ」

「来いよ……。ここに座れ」

 言われるまま、ボクは海堂の前に正座する。
 海堂はズボンの前を開くと、なんの前ぶれもなく性器を露出してきた。

「うっ……」

 生々しい悪臭が鼻を突いて、思わず顔をそむけたくなる。
 けれど、この身にまとった女子高生の息吹が、しちゃえしちゃえとせかしてきた。

「しゃぶれ」

「…………」

「お前は今日から俺の性奴隷になるんだ! 早くイラマチオしろよ!」

 海堂にせかされて、ボクはそっと、生温かい肉の棒を口にくわえる。
 女子高生の純潔と誇りをまとって、男の性の象徴を受け入れる、その背徳的なエクスタシーに心を震わせながら。

「うぉっほぃっ! うぁキモチぃーっ」

 愚劣な声をあげて歓喜する海堂。

 致命的な穢れを口内に押しつけられる辱しめのなか、ボクの心は瑞乃への祈るような感謝で満たされていった。
 ボクの口の初めてをもらってくれて、ありがとう。と。


瑞乃「前から思ってたけど、Hシーンを二回に分けるって、どうなの?」
雅加「長くなりすぎても、読みづらくなっちゃうらしいよ」
瑞乃「どっちにしても早く済ませて私の再登場シーンへGO! 〔海堂なんかどうでもいいから早く瑞乃を出せやぁ〕って思ってくれてる人も、〔むしろ海堂とのエロがイイ〕って思ってる人も、ランキングバナーをクリックしてくれると嬉しいですっ☆」



カテゴリー: Scene.6【女装イラマチオ】, ドジっ娘ナースが引きこもりのボクに行なったHなショック療法のこと | タグ: , , , , , | 制服姿で強制イラマチオさせられちゃう男の娘!【おねショタ中編/Scene.6-A】 はコメントを受け付けていません。