Scene.10【サイケデリック・エクスタシー】」カテゴリーアーカイブ



太ももコキ! 制服コスプレしたお姉さんの玉責め!【おねショタ中編/Scene.10-B】

瑞乃「プロローグはここですっ! あと、グローバルメニュー(スマホの場合は記事下)の『目録』も使って下さい!」
雅加「あと、『ご案内』も活用してほしいな」
瑞乃「ちょっw〔二発目〕まで、〔このブログは着衣エロが中心だから〕って理由でシチュエーションを変更!?」
雅加「まぁまぁ。怒らないでよ。二人とも裸なのはハーメルンさんに残ってるし」


sweat_smile

 言われたとおり、ためらいつつも股を開くと──
 突然! ボクの股間に瑞乃の太ももが挿み込まれる!

「瑞乃!?」

「ふふーん、オトコノコって、玉責めしちゃうと悶えちゃうって聞いたけど、ほんとかな?」

 責めるように太ももを前後に動かされ、精巣を容赦なく刺激されていく。

「ふゎぁぁーっ! ぁくっ! ひぃぃーっ!」

 先端への刺激とは違う、鮮烈で不可思議な感覚に、思わず情けない声が漏れてしまう。

「うわ、マジでココでも感じちゃうんだ」

 瑞乃の太ももコキはより積極的な動きに。

「ぁぁぁあっ、ダメっ……ダメ、変になっちゃうぅっ」

 ボクの下半身はもう、快楽というより、焦燥にも似た甘酸っぱい責め苦を感じていた。
 涙顔ですがるように、目の前の瑞乃を見つめるボク。
 彼女はまた、女神みたいな慈悲深さで目を細め、静穏に語りかけてくる。

「えへへへへっ、私を受け入れるの。そうすれば、気持ちよくなるから」

 そうだ。他でもない、瑞乃にされていることなんだ。
 そう思って体の力を抜き、瑞乃の綺麗な太ももに責められていることを意識すると──
 次第に、体のなかに瑞乃の心を挿入されるような、七いろの快楽が広がってくる。

 さっきの初セックスとは少し違う、未開拓の快感を与えられる悦びに、ボクはもう白目を剥くほどだった。

 やがて、先端への刺激もなしにそのままイってしまいそうな、ヤバすぎる感覚が訪れてくる。

「ぅくぁっ……うぅぅっ」

 苦しそうにあえぐボクが痛々しかったのか、瑞乃はすぐ、暴発寸前のアレを手で握りしめてきた。
 握られただけでもう、そこは救いを得たように熱く興奮しだす。

「うわ、もうこんなに出てる」

 やっぱり、すでに少しの我慢汁を出してしまっていた。
 ボクの精子でベトベトになった瑞乃の手でしごかれると、下半身はもうすぐに射精へ向かって熱狂しはじめる。

「瑞乃っ……瑞乃の手コキっ……気持ちいいっ……っはぁっっ」

 ボクはまた、情けない顔で瑞乃を見つめる。
 と、彼女はそっと、甘美なくちづけをボクにくれた。

「んちゅっ……うふふふっ、私も……、君の反応見てるだけでもう……」

 瑞乃の下半身から漂ってくる生臭さが、彼女の肉襞が淫らな液を垂れ流していることを伝えてくる。

 を同時に刺激される、そのサイケデリックな官能は、虹色の閃光でボクの精神を溶かしてきた。
 それはもう、感情も感覚も壊死させられて、生きる屍になってしまいそうなほど。

 だけれど、

「ぁぁあっ! はぁっ、はぁっ、瑞乃ぉっ、ボク、イっちゃうよぉっ、うはぁぁーっ」

 甘ったれたあえぎをあげながらボクは、こういう殺され方なら全然構わないと、素直に感じていた。

「くふふふふっ! アんっ……! イっちゃえイっちゃえ! ぁはぁぁ……」

 イタズラっぽく射精を急かしてきながら、自らも感じまくっている瑞乃が、もう愛しくてたまらない。
 ボクは瑞乃に命のすべてを預ける気持ちで、自分を絶頂へと導く白い波に身を任せる。
 そうするともう、下半身から全身へ向けて、気持ちいい閃光が放たれ、すべてを溶かしていく感覚が訪れてきた!

「瑞乃っ! あぁっ、ぅわあぁぁあああーっ」

 ボクは、さっきの絶頂に勝るとも劣らない激しさで体をガクつかせると──
 やがて、真っ白な光弾にも似た濃い精液でもって、さやかさんの制服を射撃していた。
瑞乃ブレザー決定版ぶっかけpreview
 あまりの衝撃に対するある種の畏れと、射精のあと特有の心細さ。

「瑞乃……瑞乃っ。ううぅっ」
 ボクは子供のように、瑞乃の胸に泣きつく。
 瑞乃は、彼女自身の興奮ゆえに熱くなった体で、ボクをしっかりと抱きしめてくれた。

 ボクの精液を引っかぶった制服に顔をうずめると、自分の精子と、さやかさんの息吹と、ボクを抱きしめてくれる瑞乃の温もりが一緒になる。
 それは、長年にわたって抱え続けてきたコンプレックスが、瑞乃によって溶かされていく瞬間だった。

「はぁー、はぁー、あはっ、よしよし。よくできました」

 ほどよい力で頭を撫でられると、絶頂のあとの心細さが、満ち足りた優しさへと変換されていく。
 これまで、就寝前のボクといえば、イジメのつらさに疲れ果てて力尽きるか、両親の冷たさに震えながら眠るか、そのどちらかだったもの。

 今は、瑞乃の胸のなか。

 おぎゃーと産まれてから、イジメられて、引きこもって……そんな人生のすべてを預けられる温もりのなかで、眠りに落ちていくのがこんなに幸せなことだなんて!
 それは性交の刺激よりもはるかに衝撃的だなと、そんな思考を最後に、ボクは生まれて初めての安らかな眠りに落ちていった。

Go to Scene.11

sleeping

瑞乃「私の玉責めを気に入ってくれた人は、ランキングバナーをクリックして応援して下さぁい」


カテゴリー: Scene.10【サイケデリック・エクスタシー】, ドジっ娘ナースが引きこもりのボクに行なったHなショック療法のこと | タグ: , , , , , , , , , | 太ももコキ! 制服コスプレしたお姉さんの玉責め!【おねショタ中編/Scene.10-B】 はコメントを受け付けていません

事後のイチャイチャに興じる、童貞くんと制服コスプレのお姉さん【おねショタ中編/Scene.10-A】

瑞乃「プロローグはここですっ! あと、グローバルメニュー(スマホの場合は記事下)の『目録』も使って下さい!」
雅加「あと、『ご案内』も活用してほしいな」
瑞乃「事後のイチャラブまで、〔このブログは着衣エロが中心だから〕って、シチュエーションを変更されちゃうのね」
雅加「まぁまぁ。いいじゃないか。二人とも裸なのはハーメルンさんに残ってるし」


kissing_heart

「うゎっはははははっ、くすぐったいって」

「クスッ、だってぇ、雅加ったら感じやすくて面白いんだもーん。人にも外気にも揉まれてないから、なのかなぁ」

 ボクたちは流れ出る汗も気にせず、裸の遊戯を楽しんでいた。
 長くて短い夜を明かした朝陽が、愛の余韻を生ぬるく蒸らしている。

「え、オトコなら、初めてのときはこのくらい感じると思うけど」

 瑞乃は不思議そうにきょとんとすると、ボクの背中のラインを指でなぞりながら訊いてきた。

「えー、でも、えっちなゲームとかプレイすると、オトコノコってさ、オンナノコを独占したり支配したりする欲望ばっかりで、雅加みたいに声をあげて感じることってない気が──」

「ああ、ああいうのは男としても萎えるパターン……」

「そうなの?」

 瑞乃が興味深そうに体を少し起こすと、ブレザーの隙間から、汗で肌にべったりとくっついたブラウスが垣間見えて、また下半身が熱くなる。

「瑞乃みたいな美人相手なら、ボクじゃなくたって感じまくると思うよ」

「こらっ、真顔で言うなし」

 軽く膝で蹴ってくる瑞乃。
 その膝先の感触ひとつとっても、女神とのスキンシップのようなありがたみを感じてしまう。

 膝を元に戻した瑞乃は、不思議そうな伏し目をみせていた。
 ほがらかな美顔に時おり差す、この綺麗な翳りにはもう、凄みすら感じる。

「なんだか、私のなかに、雅加がいるみたい……」

「ボクも、中出しさせてもらえて嬉しかった。ねえ、いつの間に薬飲んだの?」

 やや消極的に尋ねると、瑞乃はいかにも頼れるお姉さんという感じの、晴朗な笑顔を見せてくれた。

「さっき車のなかで、君が寝てたとき。あんな寝顔見せられたら、襲わないでいられる自信ないもーん。このっ」

 瑞乃はその繊細な指先で、ボクの頬を軽くつねってくる。
 こんな時間が永遠に続けばいいと思った。

「瑞乃は……、これから仕事?」

 瑞乃は涼やかに含み笑い。

「あー、仲のいい同僚に任せてある。《ボランティアで担当してる子がラリってるから》って話したら、二つ返事で了承してくれて」

「すごい嘘……」

 素直にびっくりすると、瑞乃は軽いふくれ面に。

「えー、助けてとか言ってきたくせに」

「助けてとは言ったけど、クスリに溺れてるとは言ってないよ……」

 どういうわけか瑞乃の顔からは、それまでとは別の意味での汗が流れ出てきていた。

「あー、もしかして、〔ラリる〕って、大変なことになるっていう意味じゃなくて、クスリをやっちゃうってことだったりするかなぁ? ハハ、アハハハ」

「勝手にヤク中にされたくないよ! 今度出勤したら訂正してよ?」

 ボクがムキになっているのは、なかば、それが当たっているから。
 あのまま海堂の性奴隷になっていたら、ボクは麻薬を打たれるのと同様に、廃人への道を歩んでいただろう。

「んーわかったよっ。そんなに怒らなくたって……」

 瑞乃はどこかコミカルな怒り顔で、ぶんっと背中を向けてしまう。

 ボクはとっさに、瑞乃を背中から優しく抱きしめていた。
 正面とは違う、つるりとしたなめらかな感触。

「ごめん、瑞乃。もし瑞乃と出逢えなかったら、ボクはほんとに、そうなってたかもしれないから、冗談として笑えなくってさ……」

 ボクは少しだけ体を起こして、彼女に訴えていた。

「わかってる……けど」

 瑞乃は背を向けたまま少しうつむいて、その細い爪先でもじもじと、襟元のリボンをもてあそんでいる。
 急に、

「え──」

 彼女はぎゅっと制服を握りしめると、開いているほうの手をスカートのなかでごそごそ動かし、やがて自分の目の前へ出した。
 その指には、白く粘る生臭い液体。
 寝返りを打った衝撃で、ボクの精液がこぼれ出てきてしまったんだろう。

「雅加、射精しすぎ」

「ご、ごめん」

 なにを謝っているのかボクは……。
 瑞乃はまるで綾取りするように、両手でボクのザーメンをもてあそんでいた。

 瑞乃はぼんやりキョトンと、精子の匂いを嗅いだり、指の間に引いた糸を口に含んだり。

 そんな情景を長々と見せられるものだから、ボクの股間からはまた、ワンパクな性の象徴が伸びだしていた。
 それがちょうど、めくれたミニスカートから露出する、瑞乃の柔らかなお尻に当たってしまって……

「ぇえっ!?」

 と、彼女は体を震わせながらこちらを向く。

「ウソ……あんなに出したばっかりなのに。オトコノコってイってもすぐこうなっちゃうって、ほんとなんだ」

 興味深そうにボクのアレを握る瑞乃。
 そうしてる間にも、ボクの性的な緊張はみるみる復活してきて、

「うぁっ」

 思わず声が出てしまう。
 それを見た彼女は、健康的な含み笑いで、

「ふふ、おまた、開いて?」

 とうながしてきた。

flushed

瑞乃「イチャイチャイラネ、エロ見せろ! ってムラムライライラしちゃってる人は、ランキングバナーをクリックして応援して下さぁい」


カテゴリー: Scene.10【サイケデリック・エクスタシー】, ドジっ娘ナースが引きこもりのボクに行なったHなショック療法のこと | タグ: , , , , , , | 事後のイチャイチャに興じる、童貞くんと制服コスプレのお姉さん【おねショタ中編/Scene.10-A】 はコメントを受け付けていません