ぶっかけ女子寮・番外編~筆おろしフェラの思い出~」カテゴリーアーカイブ



筆おろしフェラの思い出6~口内射精!~

玲水「冒頭はこちらですわ。そして今回は最終回! フェラ抜きですわよっ laughing

stuck_out_tongue

 そうだった。
 あのときは三回イかされたんだった。
 色々と思い出したオレは、にわかな恥ずかしさに襲われ、

「ほ、ほらっ、たまに口から出して舌で舐めるの、忘れてんぞ」

 と、生意気に注文を出す。
 玲水は「失礼いたしましたわ」と、横の髪を片手で押さえると、またオレのものをくわえてきた。

「くちゅっ、じゅる、ぬぷっぬるっくちゅっぬるっ──はぁっ、ぺろぺろぺろっ」

 口から出して先端を舐められるのが、見事な緩急を生み出してきて心地いい。
 そしてまた、

「ちゅくっ、ぬぽっぐぢゅるっ」

 と、口のなかで愛される。
 何百回とこれを味わっているとはいえ、全身をシビらせる危険な快楽には、絶叫したくなるほどの美味がある。
 制服のパフスリーブが、彼女の動きに合わせていじらしく揺れる様もまた、オレの興奮をしきりに刺激してくるのだった。
 けれどもオレはやはり、つとめて表情ひとつ変えず、

「はぁ……」

 ちょっとは感じてるぜ、というふうに息を吐いてみせた。
 玲水もまた、

「ぐぶぢゅっ、じゅるっぶぢゅくっ……ぐぢゅっ、じゅぶっ、ごぶっ」

 とても悩ましげな顔で、フェラの動きを激しくしてくる。

「どんどん上手くなってくな」

 オレは平静を装い、前後に動く玲水の頭をそっと撫でてやった。
 するともう玲水は登校することも頭になくなったのか、

「ほうへいえうぁ(光栄ですわ)。ぐぢょっ、ぐぶっ、ぐばっじゅぐるっ! ごぶっ、ぢゅくっ!」

 制服に大量の唾を垂らしながら、必死でフェラチオをしてくる。
 オレは意地悪い笑顔で玲水を見下ろしていた。

「はははっ、好きなんだな、フェラするのが」

「ぐちゃっぐぽっぬくちゅっじゅぐるっ!」

 下半身にこみあげてくる、絶頂への波。
 けれどもイッてしまったら感じまくっていたことがバレる。
 オレは無表情のまま、

「お、そろそろ礼拝の時間だ。さっさと終わらせるぞ」

 と、〔イく理由〕をわざわざでっち上げてみせた。
 玲水はコクっとうなずくと、

「ふぁい……。ふぁひほわひわひは(かしこまりました)……ぐぎゅっじゅぼっずぶっぐじゅっぐぶっ!」

 狂ったようにフェラの速度を上げてくる。その爆発的な快感。
 そして、〔礼拝〕などという、普通なら耳慣れない習慣のある学院でこんなことをしている、その極上の背徳感。
 オレは一気に性の頂上へと昇天し、優雅なロングスカートをなびかせながら、腰を波打たせて玲水の口内に射精。
 精神の弾け飛ぶような感激を、

「はぁぁー」

 と、軽いため息で吐きだし、そのまま玲水の口からを抜き、トイレのドアに背をもたれる。
 握りしめていた裾を手離すと、スカートがするりとオレのにかかってきて──
 その微かな衝撃で先端が刺激され、残りの精が制服の裏地を撃っていた。

 玲水は口から白いものを垂らしながら、

「ごきゅっ……ごくっ、朝一番のミルク、ごちそうさまです」

 食後のお祈りのように手を組み、健気な笑顔でこちらを見上げてくる。
 その様子が、オレの性愛を爆発させた。

「玲水……玲水っ!」

 制服ごしに、玲水の豊かな胸をむさぼっていくオレの頬に、

「ひゃんっ、きゃっ……あ、ははっ、またふたりして遅刻、ですわね」

 と、甘くささやく声の、温かな震えが伝わってきた。

stuck_out_tongue_winking_eye

玲水「最後までお読み下さり、ありがとうございました。もし、お楽しみいただけたのでしたら、ランキングバナーのクリックをぜひ、お願いいたします(ぺこ」


カテゴリー: ぶっかけ女子寮・番外編~筆おろしフェラの思い出~ | タグ: , , , , | コメントする

筆おろしフェラの思い出5~手コキ、そして三度目の射精!~(画像有:制服ぶっかけ+アヘ顔)

玲水「冒頭はこちらですわ。そして今回はとっても激しい手コキですわよ~ laughing

hand

 射精直後の敏感な性器を、ぬめる手で熾烈にしごかれる、その連続的な快感の衝撃!
 オレは半ば白目を剥き、

「うぉっほぉーっ! うぉおぉおおおぅ!」

 下劣な叫びと共に、乙女の制服に包まれたこの体を、雄の本能で熾烈に波打たせていた。

「ぁはっ、早也加ちゃん素敵ですっ! 我が校の制服から、殿方の臭いをそんなに放って……ぁはははぁっ」

 玲水の手コキの速度も、どんどん猛烈さを増していく。
 はたからこの様子を見たら、あまりの熾烈さ、みっともなさに、誰もが失笑するだろう。

 やがて、また下半身に熱い膨張。
 オレの動きは猛烈さを極め、尻でもって小刻みにジャンプする有り様になっていた。

「ぅおぉおぉぉぉぉおおほぉぉおっ!」

 その一段と大きな雄たけびのせいで、玲水はオレの絶頂が近いことを悟ったのだろう。

「あ、イきますのね……ふふふっ、こうすれば……」

 玲水はすっと、アレをオレのほうへ向ける。

 そして、三度目の絶頂。
 オレは後ろ手を頼りに、全身を弓なりにのけ反らせ、自分の制服めがけて、真っ白な愛の矢をぶっ放ちつづける。
 染みひとつない乙女の制服を、雄の欲望のかたまりで穢してしまう、その背徳感が、射精の勢いを増幅していた。

「ふふふふ、ご自分の精液をご自分の制服にぶっかけるのって、どんなお気持ちです?」

 なにか悩ましい言葉を返そうとするものの、なにぶんオレは絶頂のさなか。
 白いものを撃つたび、

「ぉほぁっ! ぅわわっ! ぉおっ!」

 などと、自分で自分が可笑しくなるような声を出すことしかできない。
 玲水はオレのダサい声を聞いて、クスクスと小さく笑っていた。

「あははっ、ペ・ア・ル・ッ・ク、ですわねっ」

 彼女が笑っていたのは、オレの声のせいだけではなかったらしい。

「はヒっ……ぁはクっ……ヒふっ……」

 体を情けなくヒクつかせながらも、ふっと玲水の視線が差すほうに目をやると、
アヘ顔ぶっかけ
 悩ましい笑顔の玲水と、無様なアヘ顔のオレが、制服にこびりついた精液を朝陽にきらめかせ、仲良く並んでいた。
 ふたりとも、精液だらけの制服……だからペアルック、か。

 オレはドサッと体を倒して玲水に抱きつくと、その豊かな胸に顔をうずめる。
 前代未聞の衝撃を、三度にわたってくぐり抜けさせられたオレの体……
 その空虚な心細さに震える心を、上質なパンケーキのような温もりが慰めてくれた。

「刺激が強すぎましたのね……ふふ、そんな早也加ちゃんも愛らしくてよ」

 髪を撫でられると、

「うぅっ、えくっ……」

 むずがゆい愛しさに、思わず嗚咽してしまう。

「遅刻、ですわね……」

 オレを愛撫しながら、玲水が秘めやかにささやく。
 これがオレと玲水、最初の遅刻だった。

stuck_out_tongue_winking_eye

玲水「もし、お楽しみいただけたのでしたら、ランキングバナーのクリックをぜひ、お願いいたします(ぺこ」


カテゴリー: ぶっかけ女子寮・番外編~筆おろしフェラの思い出~ | タグ: , , , , , , | コメントする

筆おろしフェラの思い出4~射精からの手コキでお嬢さまに顔射!

玲水「冒頭はこちらですわ。そして今回は私、早也加ちゃんのをとうとう銜えて、顔射やぶっかけをされてしまいますっ stuck_out_tongue_closed_eyes

heart_eyes

「舌だけでイッてしまうのでしたら、こうしたらどうなってしまうのでしょう……?」

 玲水は勝ち気な笑顔を浮かべたかと思うと──
 突然、ソレをぱくりと口に含んできた!
 舌だけによる局部的な刺激とは違う、余白も逃げ場もない感激!

「んぉほぉぁっ!」

 オレはみっともない声をあげてビクビクと震えあがっていた。

「ちゅくっ、ぶちゃっ、ぬちゅっ、んんむっ」

 まるで胎児のように、全身が玲水の口に包まれているような錯覚さえ覚えてしまう。
 彼女の唾液は、羊水のように温かくて……。

「はぁあっ! うわぁっはあああっ! あぁあぁっ!」

 オレは一種の憧れにも似た、蜜のような官能を感じまくっていた。

「ちゅくっ、ぬちゅっ、くちょっ、ぐちゃっ」

 玲水は目を閉じて、祈るように両手でソレをつかみ、ほどよいテンポで顔を前後に動かす。
 その一種の礼儀正しいフェラは、やはりお嬢さまの品格ゆえだろう。
 だがその緩い動きも、初めてのオレにとっては強烈な快楽の責め苦で……
 口で愛されるうち、下半身が雷雲のようなエネルギーを帯び始め、

「がああぁっ! はぁああっ! ああぁっ!」

 イくんだと、今度はハッキリ確信した。
 玲水は切なげな上目で、

「ひ、ひひへふはお(いいですわよ)。ふへへ、ふえほえへあへあふぁ(すべて、受け止めてあげますわ)」

 と、うながしてくれる。
 その母性にオレは甘え、性の暴発を解き放った!
 口のなかだと、イくときも常に刺激を加えれるものだから、オレはもう、

「あ、ひゃほっ! うはっ! ひぇっ!」

 などと、なっさけない声をあげながら、乱れ打ちされる悦楽の落雷に全身を波打たせていた。
 そして玲水は、男のシンボルから撃たれる稲妻を、その小さな口で受け止めていく……

「うむっ! ぐみゅっ! ふむぅっ! ぬちゅっっっ──んくっ!」

 長すぎる射精にすべてを受け止めきれず、顎から制服へと白いものを垂らしながら。
 射精中も、玲水はオレのに吸いついてくるものだから、

「吸われッ……吸ぉおおぉぉぉほぉおおぉぉっ!」

 オレは目もくらむようなサイケデリックな悦楽の饗宴に襲われ、下品な笑顔とともに恥ずかしい歓声を上げていた。

 やがて、オレは脱力し、性の余韻に浸ろうとした。

「はぁ、はぁ……」

「ふぅ……」

 玲水も白い糸を引きながら、オレのソレから口を離す。
 ところが……

「ぅえっ!? 玲水っ! ぁはぁっ! まだっ」

 突然訪れるの放出。
 オレの精子を溜めているトコロが、まだ出し足りないとばかりに精子を吐きだす、その悩ましい疼きをはっきりと感じた。
 玲水は整った美顔にその射撃を喰らってしまい、

「きゃっ!」
お嬢さま顔射画像
 と、片目を閉じながら可愛すぎる悲鳴をあげていた。

「はっ、はっ……はヒっ」

 ぶっかけの後に顔射。
 オレは身も心もセックスの大波にぶち壊され、その場に崩れ落ちるけれど、カクカクと、クセになった腰の動きが止まらない。
 後ろ手を床に着いた格好で、オレはみっともなく腰を上下させていた。

 玲水は隣から、そんなオレを見つめて静かに微笑む。
 そしてそっと口を開くと、両手で作った皿に、だらーっと、精液を垂らしていった。
 オレ自身も驚くほどの量だ。

「こんなにいっぱい……私に、早也加ちゃんの神聖な命の素が……」

 玲水はまるで聖水を手にしたように、静謐に目を閉じ、手を組んで祈りのポーズをしてみせる。
 と、その細い指と指の隙間から、オレのザーメンが流れ出し、制服の袖へと流れていった。

 その淫乱とも神聖ともつかない姿を見せられたオレは、またこの体に変化を起こしてしまう。
 カク、カクと断続的に波打っていた腰が、勝手に烈しくうごめきだす!?
 まるでそこに透明な女性器があるかのように、ソレは射精を求めてピストン運動を繰り返していた。

「うわぁっ! 玲水っ! こ、これぇっ!」

 隣の玲水にすがるような視線を送ると、彼女は母親のような優しい伏し目で、オレのみっともない下半身を見つめてくる。

「あらあら、まだ出し足りませんのね」

 玲水は、オレの開かれた股の間に座った。
 そして、ザーメンにまみれた手が、そっとオレの性器を包むと、

「ああっ! あはぁああっっ!」

 オレのアソコは半ば勝手に、玲水の手のなかで狂ったようにセックスしていく。

「素敵ですわ! あハぁーんっ! 殿方のセックス──こんなふうに見ることができますなんて!」

 玲水は大きな瞳を銀色にぎらつかせながら、手コキの速度を上げていった。
 ああ、そんなにされてしまったらオレはもう……!

heartbeat

玲水「ふふふっ、次回もまた大放出! ですわよ~」

カテゴリー: ぶっかけ女子寮・番外編~筆おろしフェラの思い出~ | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

筆おろしフェラの思い出3~お嬢さま校の制服に大量ぶっかけ~

玲水「冒頭はこちらですわ。今回は早也加ちゃんの初射精、ですっ stuck_out_tongue_closed_eyes

heart_eyes

「ぺろっ、レロレロレロッ」

 玲水はイキナリ、オレの先端を舌で舐めまわしてきた!

「ひゃぁっはぁあっっ! くぁはあっっ! ああっ、あクっ! ああぁーっ!」

 ピリッとくる生々しい刺激の後、内蔵や精神まで玲水にすべて舐めとられる感覚!
 オレは体をのけ反らせて、引っくり返ったあえぎ声をあげていた。

「ぺろ、ぺろ、ぺろっ……れろっ、てろてろてろっ」

 玲水の舌に亀頭全体を舐めまわされたり、舌先によって先端を左右に刺激されたり。

「ぎゅぁっ! あぁあはぁぁーっっ! やめっ……」

 オナニーと全然違う感激に、オレはただ悶え、情けなくあえいでいた。
 この悦楽の衝撃を色に例えるなら、間違いなくマグマのような真っ黄色。
 下半身がただれて溶けていくような、恥ずかしい、そして熱すぎる衝撃。

「ぬるぬるぬるっ……ふふふ、舌だけでそんなに感じてしまうなんて。ぺろっ、カワイイですわよ、早也加ちゃん。れっ──ろっ、ぬっ──るっ」

 玲水は舌を伸ばすと、舌の表面全体をオレの亀頭になすりつけてきた。
 息の長い、舌と亀頭とのスキンシップ。
 快楽を刻印されるような、そのキモチよすぎる責め苦に、

「ぬはぁっっぁああぁぁあぁっ、ぅおあぁああぁあぁぁっ」

 息の長いあえぎで答えてしまうという、オレの陳腐な単純さ!

 心臓にまでキラキラとした紫色の刺激を届けてくる、この腫れぼったい性の報酬!
 オレの下腹部に、今まで感じたことのないほどの真っ白な高揚感が押し寄せてくると、どういうわけか下半身が波打ち、

「ぁはあっ! あっ! ああっ! ひゃっ! わぁっ!」

 それに合わせてオレは声を上げる。
 なんだ!? これは!
 あまりの刺激につぶっていた目を開けると、玲水が真っ白にホイップされていた。
玲水ぶっかけ
「はぁはぁ……早也加ちゃん、舌だけでイッてしまうなんて、うふふふっ、ウブにもほどがありましてよ?」

 そうは言いつつも玲水は、顔や制服のあちこちにこびりついた白いものを、嬉しそうに指ですくい、まじまじと眺めている。

 ──どうやらオレはイッてしまったらしい。
 これが正真正銘、オレにとって初めての、オナニー以外での射精だった。

 オレは、あれだけ放出してもまったく萎えないソレを、玲水の顔の前で震わせながら、

「玲水っ……」

 すがるような声で、俺の精にまみれた美しい少女の名前を呼ぶ。
 もう、普段のオレ特有の驕りもナマイキさも、この幸せすぎる責め苦によって完全に鎮火されてしまっていた。

heart_eyes

玲水「さあ! 次はいよいよ銜えてしまいますわぁっ。お楽しみに! よろしければ、サイドバーのランキングバナーをクリックして下さいませ」

カテゴリー: ぶっかけ女子寮・番外編~筆おろしフェラの思い出~ | タグ: , , , , , | コメントする

筆おろしフェラの思い出2~皮剥き~

玲水「冒頭はこちらですわ。今回は皮剥き、ですわよっ」

heart_eyes

 すっと、股間から手が離されると、代わりに、背中と後頭部へと魅惑的な温もりが伝わってくる。
 玲水に、後ろから抱かれているのだろう。
 花とケーキとババロアに、女の生々しさを乗せたような玲水の匂い。
 それを直接押しつけられてしまうと、男の見栄や意地はいとも簡単に溶かされ、

「玲水っ」

 ただその名前を呼んでいた。
 玲水はオレの体を起こしつつ立ち上がると、真正面からオレを見つめて、

「早也加ちゃん、私のこと、お嫌い?」
玲水赤面
 と、頬を赤く染め、悩ましげに訊いてくる。
 オレは沈黙したまま首を横に振った。

「では、私のお口に、早也加ちゃんのを下さいな……」

 オレは、黙ってうなずいた。
 うなずくしかなかった。

 椅子の前に正座する玲水。
 オレはこのだるい体を、回転椅子ごと玲水のほうへ向ける──
 と、有無を言わさず、

「うふふふふっ! えいっ!」

「玲水っ!?」

 玲水はオレのスカートを一気にめくり上げてきた。

「ふふっ、汗で蒸れてしまっていてよ? すぅー、すぅーっ……男の人の汗の匂い、たまりませんわ」

 突然、蒸れた下半身を冷たい外気にさらされた衝撃と、膨れ上がったパンツを玲水に見られてしまった羞恥心!

「はぁっ! ぁはぁっ! はぁーっ」

 オレはもう声もなく、白く干上がった息をあげるしかなかった。

「ふふっ、かわいい……」

 玲水は蜜のような笑顔を浮かべると、オレのパンツに手をかけ、一気に下ろしてきた。

「ぁああぁっ、玲水っ」

 とうとう、自分の最も恥ずかしい局部を、最も勃起した状態で、最も美しい年頃の少女に見られてしまった──
 全身から火が出るような恥ずかしさ!
 玲水はいたって落ち着いて、とうとうオレのパンツを一思いに、靴下のほうまでずり下げてきた。

「まあっ、こんなにいきり立ってしまって……」

 彼女の冷たくみずみずしい手が、卑猥な棒に触れた瞬間、

「ああぁっ!」

 すでに膨張しきっていたソレは、感電でもしたような衝撃を全身に伝えてきた。
 玲水は少し戸惑ったように苦笑い。

「握ってすらおりませんのに。今すぐ楽にしてあげますわ」

「ああっ! 痛っ……」

 華奢な指によって皮が剥かれていくと、新鮮な痛みが、この快楽と衝撃の報酬に加わってくる。

「もう少し、ガマンですわよ?」

「へ!? そ、そんなっ、にっ、うわあぁっ」

 自分でも剥いたことのない、下のほうまで皮を下ろされてしまう。
 麻酔なしで体を改造されてしまうような、重い痛みを伴ったそこはかとない恐怖。
 初めて露わになる自分のソレを、オレは泣きそうな目で見つめているしかなかった。
 同時に、腐った生ゴミのような恥垢の悪臭が、玲水やオレの制服に染み込む勢いで、部屋中に漂ってくる。

「はぁ……この臭い、たまりませんわ」

 玲水はまるで花の香りでも嗅ぐように、オレのものに鼻を近づけて、その腐臭を堪能していた。
 そして根元を手に持って、どこか好戦的にオレを見上げてくる。

「さあ、舐めちゃいますわよ」

 玲水はとろんとした眼をすると、唾液のたくさん乗った舌をそっと出した。

「たっ、玲水!?」

 1センチ、また1センチと、玲水の舌がオレのアソコに近づいてくる!

satisfied

玲水「さあ! 次はいよいよ──うふふふっ。よろしければ、サイドバーのランキングバナーをクリックして下さいませ」

カテゴリー: ぶっかけ女子寮・番外編~筆おろしフェラの思い出~ | タグ: , , , , | コメントする

筆おろしフェラの思い出1~日常的な性欲処理~

早也加「皆様お久しぶりでございます。またお会いできて光栄ですわ。今作は、『ぶっかけ女子寮』の番外編に当たります」
玲水「時系列的には、最初と最後が前作より後、そして回想が前作よりもずっと前、ですわ。すなわち、私が早也加ちゃんを筆おろししてしまうところをお見せいたしますっ!」


heart_eyes

「ぐちゅっ、ぷはっ、ちゅくっ、じゅぽっ!」

 今朝もまた寮のトイレで、オレは玲水に、起きがけならではの性欲を処理させていた。
 便器に座った玲水が、その前に立ったオレのものをしゃぶる図。

「ぐぢゅくちゅぶちゅっっっ──っぷはぁーっ」

 強く吸いついた後、唾をまき散らしながら口を離すのが、この玲水の得意技だ。
 その秘技がもたらす快楽の衝撃に、

「──っ! ふぅ」

 声を出すのを必死にこらえ、虚ろにため息をついてみせる。
 セックス慣れしているところを見せて、玲水に奉仕させている事実を強調したいからだ。
 感じまくってることを表に出してしまったら、相手に奉仕させている征服感とか優越感といった、フェラの醍醐味が損なわれてしまう。

「早也加ちゃん……すっかりセックス慣れなさったのですね。そんなあなたも素敵ですわよ。以前は、舌が触れただけで絶叫しておりましたのに」

 玲水は先走った白いものの混じった汁を口から垂らしながら、とろんとした上目をオレに向けていた。
 以前は……か。
 そう。最初にを舐められたときは、嗚咽するほどの衝撃を受けたものだった──

heartbeat

 オレがこの学院に編入して、数日が経過したある朝。
 寮の部屋で、オレはムラムラをごまかすように、机の前に座ってノートにペンを走らせていた。

「早也加ちゃん、そろそろ登校の時間ですわ」

「……ちょっと、ここだけ予習してから行く」

 例のごとく朝勃ちしていたオレは、なんとかこの性欲を鎮めようと必死だった。
 同室にいる玲水の息遣いひとつとっても、もう、ヤバくてしかたないわけであって。
 こんな状態で女だらけの場所に行ったら、とても理性を保ってはいられないからだ。

 玲水はオレの隣に立つと、

「勃ってしまって苦しいのでしょう? これではお勉強にならなくてよ? 私が楽にして差し上げますわ」

 と、ここで初めてその淫乱っぷりを披露したのだった。
 オレの手から落ちた鉛筆が、机からも落下して壁のほうまで転がっていく。

「はぁ!? オレたち、〔妊娠するな、させるな〕って、親どもに言われてるだろ? なに言いだすんだよ?」

 オレは不意打ちを食らったように、玲水の顔を見上げておどおどするしかなかった。
 玲水は得意げに指を立て、少しだけ驕った笑顔を浮かべている。

「ですから、お口でして差し上げると言っているのです──ふふふ」

 玲水はオレが座る椅子の背もたれに片手を乗せると、もう片方の手のひらをオレの股間に当ててきた!

「ああっ」

 勃起したそれを年頃の少女に触られる、その感覚には、スカートと下着の上からでも、充分に甘美な衝撃があった。

「ふふふふ、カワイイですわね、早也加ちゃん」

「う、うるせぇっ。早く離せっ……くっ」

 オレは歯を食いしばって、命乞いするような上目で訴えていた。
 人を弟みたいに扱ってくるこんな女に、大事なモノをビンビンにさせられていると思うと、もう恥ずかしくて悔しくて。
 玲水はそんなオレの心を弄ぶように、

「こんなにビンビンにしていては、お気の毒ですわ」

 と、手のひらでそこをさすってくる。
 その腫れるような快感を伴った、甘く灼けつくような拷問!

「ぁはぁああっ──や、め、っっああっ」

 オレは耐え切れず、机に伏してノートをぐしゃっと握りしめる。
 乙女のためにデザインされ、製造された制服は、オレの冷や汗で湿りだしていた。

heartpulse

玲水「〔その2〕では、皮を剥いてしまいますわ。ふふふふ。お楽しみにっ」

カテゴリー: ぶっかけ女子寮・番外編~筆おろしフェラの思い出~ | タグ: , , , , , | コメントする