他サイト様の更新情報
Powered By 画RSS

筆おろしフェラの思い出4~射精からの手コキでお嬢さまに顔射!

玲水「冒頭はこちらですわ。そして今回は私、早也加ちゃんのをとうとう銜えて、顔射やぶっかけをされてしまいますっ stuck_out_tongue_closed_eyes

heart_eyes

「舌だけでイッてしまうのでしたら、こうしたらどうなってしまうのでしょう……?」

 玲水は勝ち気な笑顔を浮かべたかと思うと──
 突然、ソレをぱくりと口に含んできた!
 舌だけによる局部的な刺激とは違う、余白も逃げ場もない感激!

「んぉほぉぁっ!」

 オレはみっともない声をあげてビクビクと震えあがっていた。

「ちゅくっ、ぶちゃっ、ぬちゅっ、んんむっ」

 まるで胎児のように、全身が玲水の口に包まれているような錯覚さえ覚えてしまう。
 彼女の唾液は、羊水のように温かくて……。

「はぁあっ! うわぁっはあああっ! あぁあぁっ!」

 オレは一種の憧れにも似た、蜜のような官能を感じまくっていた。

「ちゅくっ、ぬちゅっ、くちょっ、ぐちゃっ」

 玲水は目を閉じて、祈るように両手でソレをつかみ、ほどよいテンポで顔を前後に動かす。
 その一種の礼儀正しいフェラは、やはりお嬢さまの品格ゆえだろう。
 だがその緩い動きも、初めてのオレにとっては強烈な快楽の責め苦で……
 口で愛されるうち、下半身が雷雲のようなエネルギーを帯び始め、

「がああぁっ! はぁああっ! ああぁっ!」

 イくんだと、今度はハッキリ確信した。
 玲水は切なげな上目で、

「ひ、ひひへふはお(いいですわよ)。ふへへ、ふえほえへあへあふぁ(すべて、受け止めてあげますわ)」

 と、うながしてくれる。
 その母性にオレは甘え、性の暴発を解き放った!
 口のなかだと、イくときも常に刺激を加えれるものだから、オレはもう、

「あ、ひゃほっ! うはっ! ひぇっ!」

 などと、なっさけない声をあげながら、乱れ打ちされる悦楽の落雷に全身を波打たせていた。
 そして玲水は、男のシンボルから撃たれる稲妻を、その小さな口で受け止めていく……

「うむっ! ぐみゅっ! ふむぅっ! ぬちゅっっっ──んくっ!」

 長すぎる射精にすべてを受け止めきれず、顎から制服へと白いものを垂らしながら。
 射精中も、玲水はオレのに吸いついてくるものだから、

「吸われッ……吸ぉおおぉぉぉほぉおおぉぉっ!」

 オレは目もくらむようなサイケデリックな悦楽の饗宴に襲われ、下品な笑顔とともに恥ずかしい歓声を上げていた。

 やがて、オレは脱力し、性の余韻に浸ろうとした。

「はぁ、はぁ……」

「ふぅ……」

 玲水も白い糸を引きながら、オレのソレから口を離す。
 ところが……

「ぅえっ!? 玲水っ! ぁはぁっ! まだっ」

 突然訪れるの放出。
 オレの精子を溜めているトコロが、まだ出し足りないとばかりに精子を吐きだす、その悩ましい疼きをはっきりと感じた。
 玲水は整った美顔にその射撃を喰らってしまい、

「きゃっ!」
お嬢さま顔射画像
 と、片目を閉じながら可愛すぎる悲鳴をあげていた。

「はっ、はっ……はヒっ」

 ぶっかけの後に顔射。
 オレは身も心もセックスの大波にぶち壊され、その場に崩れ落ちるけれど、カクカクと、クセになった腰の動きが止まらない。
 後ろ手を床に着いた格好で、オレはみっともなく腰を上下させていた。

 玲水は隣から、そんなオレを見つめて静かに微笑む。
 そしてそっと口を開くと、両手で作った皿に、だらーっと、精液を垂らしていった。
 オレ自身も驚くほどの量だ。

「こんなにいっぱい……私に、早也加ちゃんの神聖な命の素が……」

 玲水はまるで聖水を手にしたように、静謐に目を閉じ、手を組んで祈りのポーズをしてみせる。
 と、その細い指と指の隙間から、オレのザーメンが流れ出し、制服の袖へと流れていった。

 その淫乱とも神聖ともつかない姿を見せられたオレは、またこの体に変化を起こしてしまう。
 カク、カクと断続的に波打っていた腰が、勝手に烈しくうごめきだす!?
 まるでそこに透明な女性器があるかのように、ソレは射精を求めてピストン運動を繰り返していた。

「うわぁっ! 玲水っ! こ、これぇっ!」

 隣の玲水にすがるような視線を送ると、彼女は母親のような優しい伏し目で、オレのみっともない下半身を見つめてくる。

「あらあら、まだ出し足りませんのね」

 玲水は、オレの開かれた股の間に座った。
 そして、ザーメンにまみれた手が、そっとオレの性器を包むと、

「ああっ! あはぁああっっ!」

 オレのアソコは半ば勝手に、玲水の手のなかで狂ったようにセックスしていく。

「素敵ですわ! あハぁーんっ! 殿方のセックス──こんなふうに見ることができますなんて!」

 玲水は大きな瞳を銀色にぎらつかせながら、手コキの速度を上げていった。
 ああ、そんなにされてしまったらオレはもう……!

heartbeat

玲水「ふふふっ、次回もまた大放出! ですわよ~」


カテゴリー: ぶっかけ女子寮・番外編~筆おろしフェラの思い出~ タグ: , , , , , , , , , パーマリンク