目録

まずはこちらをどうぞ~→『はじめにお読み下さい』『ご案内


短編中編小説目録

books

SMプレイ! 巨乳お嬢さまに無理矢理アナルを犯される男の娘!

  • 前編(全裸巨乳お嬢さま画像/セーラー服姿でイジメられる男の娘の画像あり)
  • 後編(ペニバンを装着した巨乳お嬢さま画像/自分のセーラー服に自分でぶっかけてしまったアヘ顔の男の娘画像あり)
  • blue_book

    略称:COS-JK

    引きこもり少女・亞花音あかねは、初恋の相手である教師・房川ふさかわをオナペットに、巫女コスオナニーを楽しんでいた。
    ところがその様子を、他でもない房川本人に覗き見されてしまう!

    房川は「ショック療法」と銘打ち、亞花音の部屋で乱交パーティを催す。
    「こんな物があるからいけないんだ」と、男子生徒たちに精液をぶっかけられ、無残な姿になっていくコスプレ衣装たち。
    そして、烈しい潮吹きや、クリトリス責めフェラチオ、そしてぶっかけなどが容赦なく行なわれ、盛り上がっていく乱交パーティ。

    亞花音は、心も体も、凌辱の限りを尽くされていくが、精神崩壊直前で雅加まさかというクラスメイト(男の娘)に心を救われる。
    心と心を共鳴させた二人は、セーラー服浴衣、そして博麗霊夢の衣装などを使ったコスプレエッチを、思う存分に味わっていくのだった。

    この作品の目次はこちら

    orange_book

    別称:おねショタ中編

    イジメのトラウマから不登校になり、女装オナニーだけが生きがいの毎日を送るボク。
    両親はボクのためにと、引きこもり支援のボランティアに所属する女性(本業ナース)を家に呼ぶ。
    その女性というのが、とんでもなくエッチなお姉さんだった!

    身の上話をしているうちに心が通い合って……
    なんとボクは彼女に突然、筆おろしフェラをされてしまうのだった。
    その後も、夜の野外でクンニをしたり、玉責めとか手コキとか、エッチなことをたくさん味わっていく。

    そんななかボクは、クラスメイトの男子に部屋へと押し入られ、女装イラマチオを強制されて、無理矢理性奴隷にされそうになる。
    引きこもっていた自分の家にすら居場所を失くしたボクは、彼女に助けを求め……
    やがて、一線を越えるボクたち。
    ボクは彼女の処女膜を破き、中出ししてしまうのだった。

    この作品の目次はこちら

    green_book

    未完結
    略称:夕巫女

    清楚な巫女・朝那あさな。単調だった彼女の人生は、セーラー服ゴースト・夕菜ゆうなとの出会いにより、大きく変化していく。
    痴漢に襲われ、巫女服のまま凌辱される朝那を、夕菜が間一髪のところで救ったことから、二人の間に絆が芽生えていき、入浴、手マン、触手同伴など、様々なレズプレイを興じていく。

    特殊な力を持った朝那は、ある日、夕菜が過去に体験した、少年と性行為をしまう。
    それは、夕菜が彼の筆おろしフェラをし、セーラー服のまま初体験に至ったときの記憶であった。

    しかし、夕菜との関わりは朝那の魂に異変をもたらし、彼女は淫らな悪夢にうなされるようになる。
    無数の触手に襲われる夢に始まり、触手に膣内射精される夢、ぶっかけられる夢、果ては触手に母乳を与えてしまう夢までも──。

    やがて朝那は、夕菜が理由を調べるようになるが──
    夕菜の死にざまを視てしまった彼女は、猟奇的な趣味に目覚めていく。

    この作品の目次はこちら

    closed_book

    ぶっかけ女子寮

  • 乙女の園でエッチしちゃう女装少年とお嬢様(画像有)
  • “お姉さま”の女装オナニー(画像有)
  • 四人まとめて筆おろしフェラ!
  • 男子禁制の地で乱交パーティ! お嬢さま校の制服に大量ぶっかけ!(画像有)
  • bookmark

    ぶっかけ女子寮・番外編~筆おろしフェラの思い出~

  • 日常的な性欲処理
  • 皮剥き
  • お嬢さま校の制服に大量ぶっかけ~(画像有)
  • 射精からの手コキでお嬢さまに顔射!(画像有)
  • 手コキ、そして三度目の射精!(画像有:制服ぶっかけ+アヘ顔)
  • 口内射精!
  • blue_book

    未完結
    略称:熟女JK

    学校を早退して帰宅すると、母が私のセーラー服を着て、父と性交していました。
    それも、私の入浴したお風呂のお湯に浸かって──。
    どうやら両親は、エッチライフに娘である私を持ち込むことで、性的な情熱を取り戻していったようです。

    両親の淫らな姿を見るたび、私は心身に異常をきたし、ひとり虚しいオナニーに興じていくのでした。

    繰り返される、娘を興奮剤として活用した性生活。
    あるときは、私のクローゼットのなかで手コキを。
    またあるときは、眠っている私の横で、フェラチオ本番を。
    そして父はついに、私に顔射までしてきて……。

    両親へのどうしようもない嫌悪感をつのらせ、男女の愛そのものをも否定した私は、自分の処女膜を自分で破き……
    そんな私はやがて、親友の羽莉うりとのレズセックスに溺れるようになっていきます……。

    この作品の目次はこちら